シェットランドを紡ぐ
sp_shetland.jpg

年末「サンカ手袋用に」と購入したシェットランドのトップを一週間ぐらいかけて紡ぎました。
サンカ手袋は白と黒の印象がすごく強いんですが、今回購入したシェットランドのトップの中で濃い茶色のローストコーヒーって色を気に入ったので、初サンカ手袋はこの色と白との組み合わせで編もうと思ってます。
ただ茶色ってだけじゃなくてところどころ白や薄茶色が混じってるところがお気に入りです。

今回もシェットランドレースで紡いだ糸のようにセミ梳毛糸にしてみました。
今までコリデールのトップやロムニーのスライバーしか紡いでなかったけれど、シェットランドのトップも紡ぎやすく感じました。
ふんわりやわらかだけど思ったよりがさがさ?とした感触かな。
細く紡ぎやすいけど繊維がからみやすいような感じもしたし、けっこうハリがあるようにも思いました。

番手は白=9.1番手 ローストコーヒー=9番手で大体22~23gずつになりました。
細い糸を紡ぐようになってからは、気が付いたらいつの間にか細くなってしまうことが多くなってきたので、太めになるように意識してみました。
たたさんのサイトではもう少し太めの番手の市販糸を使っていらっしゃるんけど、撚り止めをしてふっくらさせてみるとそこそこ太さがあるから、きっと使われた糸と似たような太さになっていることだろうと勝手に思っちゃってます(笑)
スポンサーサイト
シェットランドと編み針購入
sp20061222.jpg

teaさんが手紡ぎ糸でサンカ手袋を編んでいらっしゃるのに影響を受けて、早速ペレンデールさんからシェットランドのトップを4色全部・50gずつ購入しちゃいました。
ペレンデールさんで取り扱ってるシェットランドは前から色が素敵だなって思っていたけど、作る物が思いつかないのに買っても・・と思っちゃってずっと我慢してました。
でもちょうど今セール中で、洗い済みの原毛は10%オフになっているんですよね。
セールの10%オフにつられて買っちゃいました。
どの色もいいですが、ローストコーヒーは写真だと一見黒に見えるけど、実際は名前の通りコーヒーみたいな茶色ですごくきれいです。

また、たまたま国内のネットショップで日本では規格外になる0号未満の5本金属針を発見。
こちらも1.00mm〜1.75mmまでの4種類を買っちゃいました。
たたさんのサイトで紹介されているサンカ手袋は1.50mmの針を使用しているので、せっかく国内で買えるところがあるなら買っちゃおうってわけです。
規格外サイズは海外のショップじゃないと入手できないと思っていたんでとてもありがたいですね。

早速編み心地はどうだろうと思い、今残っている中では一番太い12番手の糸と1.50mm針でスワッチを編んでみました。
が、途中でどうも頼りない感じの編地になったんで止めちゃいました。
たまたま編んでいたところが強撚気味で異常に細すぎたってこともあるけど、この太さのままなら針ももっと細くしないとバランスが悪いかな。
編んでる途中でも思いましたが、もう少し太めの糸で密に編んでいく方が編地もしっかりしそうです。
続きを紡いでみました
7.5番手の双糸を紡げたので早速シェットランドレースの続きを編んでいます。
今回紡いだ分は約30g。
かなりの量だったので撚り合わせてもなかなか進まなかったし、終盤はスピンドルを回すのも巻き取るのもかなり大変になってしまいました。
残っていたのはエジングだけだしもう少し少なめにしてみてもよかったかな。

ふと番手について気になったので少し調べてみました。
同じ番手でも撚りや撚り合わせの甘さ・強さが違うだけでも見かけの太さは全然違うそうです。
また手紡ぎ糸だと紡績糸と違って最後まで同じ太さに紡ぐなんて不可能だから、糸全体を平均して大体何番手・・となるとか。
あくまで大体の目安として数字を見るだけにして、あまりとらわれすぎない・神経質にならない方がいいのかもしれないですね。
細番手再開
少し前にアナンダさんからコリデールのトップを300g購入しました。
しばらくの間ロムニーを少しずつ中細ぐらいに紡いでいたんですが、ちょうど今日残っていた分を全部紡ぎ終わったのでコリデールも少しだけ紡いでみました。
久々にかなり細めを意識して紡いだから、手元に以前10番手に紡いだ糸を置いてたまに確認しながら紡いでいます。
まだ紡ぎは初心者だから、参考になりそうな物と見比べないと太くなったり、細くなりすぎたりしちゃうんですよね。
今度はある程度の量になり次第ニットレースに着手したいから、なるべく似たような太さに紡げるようにするのが目標です。

今回の買い物はついでに染色原毛の色見本を全種類購入しちゃいました。
色見本って原毛に限らず刺繍糸も毛糸もだけど、見ているだけでもすごく楽しいんですよね。
染めにも興味はあるけれど現状ではすぐにできなさそうだから、しばらくは色見本を見ながら何を作ろうかとかイメージしてたりしてます(笑)
5円玉スピンドルに挑戦
私がいつも紡いでいるのはドロップスピンドルで、最近使用頻度が高いブイヨンのフタスピンドルも、編み針や菜ばしを軸にしてドロップで紡いじゃってたりしています。
フタスピンドルは確か編み針と組み合わせて重さは10gぐらいだったかな?
思ったより軽かったから、細番手を紡ぐ時は大抵これを使うようになりました。

ところで、今月発売のスピナッツ65号を読んでからはサポートスピンドルの紡ぎ方にも挑戦したくなって、早速5円玉スピンドルを作ってやってみました。
太さは不慣れなせいでだいぶマチマチ&一応紡げていても撚りが甘すぎるからかプチプチ切れちゃって要練習といったところです。
先ほどteaさんのところでサポートの時の回し方が詳しく紹介されていたので、ちょっと持ち方が難しいけど練習してみたいと思います。



回し方が自分と違う方法で少し驚いていたんですが、改めて方法を読みに行ったら自分がやっていた人差し指&親指での回し方でもよいそうで、やりやすい方法でいいみたいです。
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ Archives
 
Profile

rilca

Author:rilca
趣味のクロスステッチ・編み物のことなどを中心に書いています

twitter:rilca

instagram:rilca

あみものグループ
caffellatte knit room

Search
Recent Entries
Category
Link
ブログ管理MENU
RSS
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ