三角ショール 途中経過と糸巻き
60cmの輪針でまだまだ編地が余っているので、広げても全体や柄がはっきりわかりにくいですね。
これで本体スタートから50段目ぐらいです。
途中で糸割れさせたまま編んでいた箇所に気付き10段ほど戻るハプニングが起きましたが、
やり直してからはあまり間違えることもなく快調に進んでいます。

この前買った毛糸を玉にしてみました。
ちょうどショールをやり直していて頭が煮詰まり気味の時にトイレットペーパーの芯が出てきたので気分転換に。
初めて糸巻きをしましたが思ったよりうまく玉になったし、巻いてると無心になれたしでなかなか楽しかったです。
今ショールで使っている糸のコーンももうすぐ一本目が空くから、とっておいて次の糸巻きに使ってみよう。
スポンサーサイト
セールで購入
kn20051011a.jpg 数日前からたた&たた夫の編物入門にあるヘリンボーン手袋を編みたくなったので買っちゃいました。
Rowanspun 4plyです。
今編んでいる三角ショールが落ち着いてから買おうと思っていましたが、
たまたま注文しようと思っていたお店がセール中だったので購入に踏み切りました。
スワッチを編むのはだいぶ先になりそうなので、しばらくはかせのまま保存しておこうと思ってます。
初めての輪針
今回初めて金属製の輪針を使っています。
ショール本体を編むのに2本針では厳しそうだったのと、輪針自体今まで使ったことがなかったので思い切って購入しました。
2号の輪針は針部分が金属の物しかなかったんですが、竹針と違ってとても滑りが良くて編みやすいです。
輪針での平編みもとっても便利。
編む物にもよるだろうけれど2本針より疲れにくい気がするし、片付けてもあまり場所を取らないですね。
2本針はある程度揃っているけれど、これを機に輪針を揃えていくのも良さそうです。

三角ショールは20段強ほど編み終わりました。
パターンを見るとまだ全体の10分の1程度しか進んでいないけれど、
進んでいけば一段の目数が少なくなっていくからどんどん楽になっていきそうです。
三角ショールの縁編み とりあえず終わり
kn20051011.jpg ニットに恋してに載っている三角ショールを編み始めてけっこう経ちました。
休み休みで進めて、やっと最初の底辺の縁編み部分を編み終わりました。
長さは約170cmぐらい。
指定の糸より細い糸を使っているので、本のサイズよりもだいぶ小さくなっています。
一段の目数が少ないのと1000段を超える長さなのでパターンはすぐ覚えてしまったけれど
すごく長い縁編みなんですごく時間が掛かった気がします。
まだ最初の縁編みしか編めていないのに、半分完成したような気分になってますw

ここから先は縁編みを編みつつ本体も編むので、間違えないように気をつけよう。
Calendar
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ Archives
 
Profile

rilca

Author:rilca
趣味のクロスステッチ・編み物のことなどを中心に書いています

twitter:rilca

instagram:rilca

あみものグループ
caffellatte knit room

Search
Recent Entries
Category
Link
ブログ管理MENU
RSS
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ