スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更に細番手を紡いでみる
sp20060827.jpg

どんどん細く・・と意識して紡いでみました。全てコリデールで双糸です。
写真の糸の番手は8.8・9.7・10.7・11.1とだいぶ細くなってきました。
計算上どれも違う太さになっていますが、一見するとあまりにも太さが不安定すぎるせいかどれも似たような太さに感じます。
これらとは別に14・16番手の双糸もできましたが、こちらは撚りが甘かったせいか少し強度として弱く感じました。
強度が課題になったけど多少上達できたかな。

できれば今度は安定して似たような太さ(目標としては10番手辺り)を紡げるようにしたいところだけど、ここでコリデールのトップを全部使い切っちゃいました。
続きはまたコリデールを買い足してからですね。


続きを読む

スポンサーサイト
もう到着しました
Perminに直接注文したキットの糸は本日届きました。
レシート・消印を見ると、現地21日のうちに発送してくださったみたい。
送料がかなり安かったのでてっきり船便で来るだろうなって思っていたけど、こんなに早く届いたのですごくびっくりしています。
メールもとっても対応が早かったし、実際の品物の到着もとても早いしで感謝感謝です。

ちなみに料金は140DKK(25USD相当。内送料は7USD相当)でした。
Perminから連絡
自分の勘違いのせいでSlate Samplerの糸が不足しそうと気付いてから数日。
腹ペコさんとteruyoさんのアドバイスでPerminに思い切って問い合わせてみたところ、なんとか糸のみオーダー可能と連絡があったので早速注文しました。
もしお二人のアドバイスがなかったら妥協して似た色の糸で刺してたかもしれません。
本当に助かりました。ありがとうございましたー。
あぁ勘違い
今頃になって、Slate Samplerは1 over 2だったことに気付きました。
それをずっと2 over 2で刺していたんで当然糸は不足気味。
多分このペースで減っていくと、まだ刺し終わってないモチーフの内半分と、まだ刺し終わっていないアルファベット全部空白のまま糸がなくなりそうです。
よーく説明の図を見ればすぐわかることなのに、なんで2 overで刺してたんかな・・(泣)
もう全体から見て半分は刺し終わってしまっているので、今から1 overに変更できません。

不足しているだけなら買い足せばいいんだけど、DMCの糸見本を見る限りでは同じ色がないんですよね。
931が一番近いけれど、キットの糸より青みが強くて同じ色とは言えません。
水曜に友達と遊びに京都に行った時にコスモとオリムパスもチェックしてみたけれど、こちらも似た色があってもやはりだいぶ色味が違っていました。
うーん、せっかくここまで刺し終わった以上は完成させたいけど、もしかすると同じ色は手に入らないかもしれないな。
そんな感じで上がり気味だったモチベーションが少し下がってしまいましたが、ひとまずは残っている糸で刺せるところをどんどん進めてみます。
Slate Sampler 6
st20060814.jpg

しばらくの間編み物や糸紡ぎが手仕事の大半になっていたからそんなに進んでいないけど、再び気分がステッチモードになりそうなので一旦経過を書いてみます。
本当に少しだけだから、今回は全体を写さないで進んだところだけをアップで撮ってみました。
アップの写真で見てみるとかなり細かいモチーフを進めていたみたい。
実物を見るとそうは思わないけど、かなりチカチカして見えるぐらい細かく感じます。

さて、今刺しかけのところをチャートで見ていて気付きましたが、もう少しで図案の一番下のモチーフに入れそうです。
この辺りは大きいモチーフがゴロゴロあるからなかなか進んでいかないと思うけどがんばってみます。
Calendar
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ Archives
 
Profile

rilca

Author:rilca
趣味のクロスステッチ・編み物のことなどを中心に書いています

twitter:rilca

instagram:rilca

あみものグループ
caffellatte knit room

Search
Recent Entries
Category
Link
ブログ管理MENU
RSS
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。