スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェットランドと編み針購入
sp20061222.jpg

teaさんが手紡ぎ糸でサンカ手袋を編んでいらっしゃるのに影響を受けて、早速ペレンデールさんからシェットランドのトップを4色全部・50gずつ購入しちゃいました。
ペレンデールさんで取り扱ってるシェットランドは前から色が素敵だなって思っていたけど、作る物が思いつかないのに買っても・・と思っちゃってずっと我慢してました。
でもちょうど今セール中で、洗い済みの原毛は10%オフになっているんですよね。
セールの10%オフにつられて買っちゃいました。
どの色もいいですが、ローストコーヒーは写真だと一見黒に見えるけど、実際は名前の通りコーヒーみたいな茶色ですごくきれいです。

また、たまたま国内のネットショップで日本では規格外になる0号未満の5本金属針を発見。
こちらも1.00mm〜1.75mmまでの4種類を買っちゃいました。
たたさんのサイトで紹介されているサンカ手袋は1.50mmの針を使用しているので、せっかく国内で買えるところがあるなら買っちゃおうってわけです。
規格外サイズは海外のショップじゃないと入手できないと思っていたんでとてもありがたいですね。

早速編み心地はどうだろうと思い、今残っている中では一番太い12番手の糸と1.50mm針でスワッチを編んでみました。
が、途中でどうも頼りない感じの編地になったんで止めちゃいました。
たまたま編んでいたところが強撚気味で異常に細すぎたってこともあるけど、この太さのままなら針ももっと細くしないとバランスが悪いかな。
編んでる途中でも思いましたが、もう少し太めの糸で密に編んでいく方が編地もしっかりしそうです。
スポンサーサイト
[完成]手紡ぎ糸でシャボン玉の詩
shabon.jpg

おしゃれ工房2005年6月号より「シャボン玉の詩」
手紡ぎ糸 コリデールのセミ梳毛糸7.5〜8.8番手の双糸を96g
仕上げ前サイズ:約80x40cm
仕上げ後サイズ:約105x45cm

一昨日編み終えて昨日仕上げをしました。
手紡ぎ糸で編む初のシェットランドレースです。
紡ぎは初心者だからまだまだ自分が望む太さを安定して紡げないので、ある程度糸を紡ぎ溜めてから編み始めました。
途中糸が足りなくて紡ぎ足した30gの糸は結局ちょっと残っただけ。
双糸にしてすぐは「もう少し少なくてもよかったかも」と思ったけど、結局はこの量でよかったみたいです。

今回は時間の都合で半乾きのうちにピンを外しちゃったから、エジングの山はかなりなだらか&仕上がりサイズも小さめになっちゃいました。
でもあまり山がピーンとしてなくてもそれはそれでいいような。
触り心地もよく、以前編んだ物と違って首筋に当ててもチクチクしないのもあって重宝しそうです。

さっき前に編んだシャボン玉の記事を確認をしてみたら、今回編んだ物とほとんど同じぐらいのサイズに仕上がってびっくりしちゃいました。

shabon1.jpg

模様とエジング部分のアップ。
ここには写っていませんが、実は○模様で2ヶ所間違えてて丸になってないものがありました(笑)
でもどちらも端っこでわかりにくいし別にいいか〜。
Calendar
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ Archives
 
Profile

rilca

Author:rilca
趣味のクロスステッチ・編み物のことなどを中心に書いています

twitter:rilca

instagram:rilca

あみものグループ
caffellatte knit room

Search
Recent Entries
Category
Link
ブログ管理MENU
RSS
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。