スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[完成]Slate Sampler
Slate Sampler.jpg
Permin
Slate Sampler
Final Design Size 62 x 70cm
Stitch Count 490H x 400W

去年の5月頭に始めて約10ヶ月。
休み休みで刺してでやっと完成することができました。
寄り道せずにいればもっと早く完成していたとは思いますが、さすがにこれだけの大作になると集中力が続かないですね。
合間合間に全く違う物を作っていたおかげで、途中で飽きてしまってもなんとかなったように思います。

刺し終わってスクロールフレームから外し、広げてみて一仕事を終えたなって気分になりました。
当たり前のことですが、完成するまでの10ヶ月間ずっと75cmのバーを使いっぱなしだったから、何もセットしていないフレームを分解して片付けているとちょっと寂しかったりもします・・(笑)
さて、せっかく完成できたのでどう仕立てて飾ろうか楽しみです。
スポンサーサイト
HAEDのチャート
st20070221.jpg

そろそろ次に刺したい物でもと思って、Heaven and Earth DesignsのThe Journey Begins(Scott Gustafson)と布・糸を購入しちゃいました。
HAEDの作品は全面刺しで更に25ctの布に2 over 1(2本取りで1目ずつ刺す)で刺していく物ばかりなのでかなりの長丁場になりそうだけど、一目ぼれしたデザインだからがんばって刺したいですね。
がんばって刺しているPerminのサンプラーが終わり次第始めたいです。
スクロールフレームのスタンド
今使ってるスクロールフレーム自体はあまり不満はないんですが、一緒に購入したスタンドに不満いっぱいでだいぶストレスが溜まるようになってしまいました。
金具を止めてる木ねじがすぐ緩んで安定性に欠けるのもあるけれど、卓上式のスタンドだから今刺してる作品のようにかなり大きいフレームに取り付けるとテーブルやコタツの上に置けなくてとても不便になってしまいます。
ずっとスタンドの下に本を積んだりして使ってたけど面倒だし、スタンド無しでやるととても作業しにくい。
でも購入先でも現在床置き用のスタンドはだいぶ前に販売終了になってしまっているしでどうしようかなって思っていたら、旦那が「これくらいならやれるで」ってことで早速休日だった昨日ホームセンターに行ってきました。

本格的な工具は持っていないけれど、近くのホームセンターは店内で買った物なら無料作業コーナー(工具も消耗品以外は無料で使えちゃいます)を使ってOKなので、カットと穴開けをしてから自宅で組み立てました。

scroll_frame.jpg

こんな感じになりました~。
いつも座椅子に座って作業することを考えて高さを約50cmぐらいにして、25・35・45cmと3段階に高さ調節できるように穴を開けています。
フレームとスタンドとをつないでるパーツは無いとフレームをひっくり返せなくなっちゃうから前のスタンドから流用しちゃいました。
基本的には今まで使ってたスタンドの高さをそのまま高くして、3段階に高さ調節ができるようにしただけなんだけどとても使いやすくなりました。
もう高さあわせで本を積まなくていいのも楽です(笑)

さて肝心の材料費ですが、約180cmの角材(端材セール品)200円、木ねじと取り付けの金具で200円弱ととても安く済みました。
こんなに安く済むんだったらもっと早くに作ればよかったというか、最初から自分で作ればよかったな(笑)
色々手伝ってくれた旦那に感謝です。
[完成]サンカ手袋
duke.jpg

たた&たた夫の編物入門からサンカ手袋

不埒な編み物三昧での作品集も参考になりました。
手紡ぎ糸:シェットランド(白とローストコーヒー)のセミ梳毛糸 8.5~8.7番手をそれぞれ約20gずつ用意
針:1.75mm針(20cm5本針ですが4本で使用)と休み目用に0号輪針
重さ:約31g(左17g・右14g)

編み始めると編み込みが楽しくて途中経過を考えずにドンドン編んでしまい、あっという間に両手分編み終えてしてしまいました。
11目一模様で柄を覚えやすく、あまり間違えなかったのもよかったんかな。
糸も針も細かったけれど、何度かシェットランドレースを編んで慣れたおかげですんなり編めたのかなと思います。
本名なので隠してますが、手のひら側にイニシャルを入れました。

右と左で別々に重さを測ったらだいぶ違いが出て驚きました。
左手はゆるめにと思いながら編んでいたんだけどその違いかな?

duke_a.jpg

はめてみるとこんな感じ。
きついかも?と思っていた指ですが、完成してからはめてみるとそうでもなかったし、全体もゆるすぎずきつすぎずでちょうど良くなりました。

指先の減らし目やマチの減らし目など試行錯誤したところがけっこうあって、よく見るとあまりきれいじゃないところも多々ありますがなんとか形になってよかったです。
今年の冬は暖かいけれど、自転車生活で手袋は必需品なので早速今日からガンガン使っちゃおうと思います。

duke_b.jpg
残った糸はこれだけ。
最初に1.5mm針で片方を親指まで編んだのをそのままほどかずに編んでこのくらい残ったんだから、多く使う黒(ローストコーヒー)でも9番手近くなら20gあれば十分のようです。
サンカ手袋のパターン
サンカ手袋は右手を編み終えて、今は左手の人差し指まで編み終わりました。
いざ編み始めると楽しくて楽しくてどんどん編んじゃうんですよね。
気が付いたらあっという間にここまで編んじゃったから、途中経過用に写真を撮っておけばよかったなんて思っちゃいました。

ところでユーロ・ジャパン・トレーディングさんのところでサンカ手袋のインストラクションの販売が始まったので早速購入し、一昨日到着しました。
デュークパターンもあるけど他のパターンも編んでみたい!
今使ってる糸はローストコーヒーはピッタリ無くなりそうだけど白がけっこう余りそうだし、足りない分だけ紡いで他も挑戦してみたいです。
Calendar
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

+ Archives
 
Profile

rilca

Author:rilca
趣味のクロスステッチ・編み物のことなどを中心に書いています

twitter:rilca

instagram:rilca

あみものグループ
caffellatte knit room

Search
Recent Entries
Category
Link
ブログ管理MENU
RSS
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。